外壁塗装の塗り替え時期情報  

外壁塗装の塗り替え時期を見逃さないで!

家にとってとても怖いことは、知らず知らずの間に、雨漏りが原因で柱や土台が腐食してしまうことです。

その原因の多くは、外壁塗装の劣化です。

外壁は、365日24時間毎日毎日、風雨や太陽による紫外線、気温の変化などから大切な家を守っています。
この大切な外壁は、過酷な環境に絶えずさらされているため、汚れやひび割れといった劣化がどうしていても進みます。

そのため、手入れをせずに放置しておくと、外壁の汚れだけでなく、家の基礎部分まで腐食が進み、住み続けるためには、大規模な補習工事が必要になります。

ですから、建築後ある一定期間が過ぎれば、外壁の状態を定期的にチェックしメンテナンスを行うことが必要になってきます。

では、その一定期間とはどれくらいなのでしょうか。

外壁に使用されている素材や塗料によってもその期間は違いますが、一般の家屋では、新築後10年前後で外壁の状態をチェックされる事をオススメします。


ここで、外壁材の種類と塗り替え時期、その他の特徴などを簡単にご紹介します。

外壁塗装の塗り替え時期

昨今の外壁材の多くは、「サイディング」ですが、「モルタル」も使用されます。

この「サイディング」には、次の3種類があります。

@窯業(ようぎょう)サイディング
日本では一番普及している、セメント質原料と繊維質原料をボード状に加工した外壁材です。
特徴としては、耐震性・防火性が高く、デザインが豊富です。
メンテナンスの時期は5年前後の周期で来ますが、ボードとボードのつなぎ目を埋めているコーキングを確認し、必要ならば補修します。
そして、「チョーキング現象」(外壁から手に白い粉が付く状態)が現れていれば、塗り替えを検討しましょう。

A金属サイディング
耐震性に優れたガルバリウム鋼板やアルミニウムなどで作られた軽い外壁材です。
特徴としては、耐久性が高く、凍害に強いことです。
しかし、塩害には弱く、サビが発生する可能性があります。
また、価格も窯業系より高価になります。
メンテナンスの時期は5年前後の周期で来ますが、コーキングの補修やサビのチェックで終わります。
この外壁は、色あせが目立つようになれば、塗り替え時期と判断しましょう。

B樹脂サイディング
日本ではあまり知られていない、塩と石油などを主原料とした樹脂製の外壁材ですが、海外ではポピュラーな素材です。
メンテナンスの時期は30年間ほとんど来ない、必要ないとも言われています。
特徴としては、施工が簡単で、塩害・凍害にも強いことです。
しかし、デザインバリエーションが少ないことが課題です。
また、「金属サイディング」に比べ重量があり、目地が汚れやすく、寒冷地ではひび割れが発生するというマイナス要因もあります。

次は、「モルタル」の特徴などについてです。
モルタルは、セメントと軽量骨材が主原料ですので、軽量で火事でも外壁だけ燃え残るほど、防火性が高いです。
しかし、「サイディング」に比べ費用が高く、工期も長くなります。
メンテナンスは、経年劣化による細かいひび割れの補修が必要です。
そして、下地に問題がなければ、塗り替え時期は10年前後で訪れますが、その塗り替えを繰り返すことで、ずっと家は過酷な環境から守られます。

あなたのお宅の外壁は、どのタイプでしょうか。

まずは、しっかりとそのタイプを把握しましょうね。


塗装会社紹介プロヌリ販売サイトへ

外壁塗料の種類と耐用年数に沿った塗り替えを!

外壁塗装を考えるときは、必ずその塗料の耐用年数や特徴などを考え、塗り替え時期を検討しましょう。

その外壁に使用する塗料の種類は次に示すものが一般的ですが、その塗料によって見た目や費用、耐久性、メンテナンスの時期が違ってきます。

しかし、特にコダワリがないと言われる方には、価格と耐久性のバランスがよく、コストパフォーマンスが高く、一番人気の塗料である「シリコン塗料」がオススメです。

外壁塗装の塗り替え時期

@アクリル塗料(耐久年数 3〜5年)
安く住ませたい方にオススメの塗料です。
低価格ですので頻繁に住宅の色替えをされる方には重宝されましたが、耐久性が他の塗料に比べて極端に悪く、今はほとんど利用されない塗料です。

Aウレタン塗料(耐久年数 5〜7年)
余りお金をかけたくない方にはオススメです。
柔らかい万能塗料として利用されています。
昔から、主に木製外壁材や雨どい、ベランダのフローリングなどの部分的な塗装や防水したい箇所に使われていました。
今では、外壁塗料としては耐久年数が他の人気の塗料より劣ります。

Bシリコン塗料(耐久年数 7〜10年)
費用対効果の高い塗料を選びたい方にはオススメです。
今一番の人気塗料であり、耐久性があり価格も安定しています。
汚れにくく、艶やカラーバリエーションも豊富でありコストパフォーマンスの高い塗料です。

Cラジカル塗料(耐久年数 14年〜16年)
ここ数年新しい塗料として人気になっている塗料です。
外壁塗装の劣化の原因である紫外線を押さえることが出来る塗料です。
これまで一番人気のシリコン塗料に迫る人気塗料です。

Dフッ素塗料(耐久年数 15〜20年)
長い目で見て安くなればよい方にはオススメです。
耐久性には非常に優れていますが、価格が高い事がネックになっています。
しかし、最近では外壁はシリコンで屋根はフッ素にするという使い分けもされています。
この塗料は、東京スカイツリーの鉄骨塗装に使用されているようです。

E光触媒塗料(耐久年数 20年)
この塗料は、自然環境を意識される方にはオススメです。
太陽光が当たっている箇所は、この塗料が汚れを分解し、雨によってその汚れを洗い流してくれます。
また、除菌や抗カビ、防藻効果もあり外壁をきれいに保ってくれます。

いかかでしたでしょうか。

大切な外壁を守る塗料。
このように塗料には耐久年数に合わせた塗り替え時期がどうしても来ますが、それぞれの塗料には色々な特徴があります。
是非、あなたもご自宅の外壁の状況をプロにも見て頂き、その塗り替え時期や塗料の種類などを検討され、適切な塗料を選んでください。

その選考には、あなたのお考えが基本にはなりますが、その道のプロの考え方も参考にすることは有益だと考えます。
そんなプロの考え方も分かるサイトが、「プロヌリ」の外壁塗装一括見積りサイトです。

このサイトは、あなたの希望にあった内容の複数社からの見積りをいただくことが出来るサイトです。

また、「プロヌリ」サイトの利用は、幸いにも無料ですので、利用しないてはないと思いますがいかかでしょうか。
「プロヌリ」は、個人情報は確実に守られるシステムになっていますので安心してください。


外壁塗装の塗り替え時期は雨期でもOK?!

外壁塗装の施工を考えるとき、塗料の種類や耐用年数を考慮することはもちろん大切ですが、塗装を避けたい時期や季節は把握しておきましょう。

では、いつ塗装工事を行うことが望ましいのでしょうか。

外壁塗装の失敗を防ぐためには、塗膜の作られる乾燥時間をきちんと確保している事が何より大切です。

乾燥した数ミリの塗膜が重なりあった外壁塗装は、紫外線や雨水などの自然環境からのダメージを防いでくれるのです。

そのため一般的には、春や秋に塗装工事を行うのが一番良いと言われ、塗装工事も行われています。

しかし、この時期はお客様側からの塗装の相談や問い合わせが多くなるとともに、すでにどこの塗装業者も工事スケジュールが詰まっている場合が多く、適切な対応をして貰えるとは限りません。

先ほども触れましたが、外壁塗装は十分な乾燥時間さえ確保すれば、失敗する確率は格段に減りますので、特別な理由がない限りは、多くの人が行動する時期や塗装業者の繁忙期に重ならない「冬や夏」から始められることをオススメします。

しかし、外壁塗装工事は、外壁用の塗料を一度塗るごとに乾燥させ、塗膜を順次重ねていきますので、工事業者のみに任せるのではなく、気温や湿度などの気候に関する情報をあなた自身も把握し、問題があるようであれば相談するように心がけましょう。

外壁塗装に適さない気温や湿度は、

気温:5度以下
湿度:85%以上


この様に、塗装はある意味デリケートな作業ですが、雨(天気)にさえ気をつけていれば、多くの人が避ける雨期や風雪の多い時期でも十分工事をすることも出来ます

外壁塗装は、その施工の善し悪しで家の寿命も違って来ます。

外壁塗装の塗り替え時期

そのため、塗装に関する十分な知識と技術をもち、地域からも信頼の厚い地元密着型の外壁塗装業者を選ばれることをオススメします。

塗装会社紹介プロヌリ販売サイトへ

このページでは、 全国300社の優良塗装業者から外壁・屋根塗装の比較ができるサイ「プロヌリ」について詳しい情報を記載しています。サイト訪問者の方々が、優良塗装会社紹介サービス「プロヌリ」サイトで外壁・屋根・サイディングのリフォームに関する資料が一括で収集できることを紹介したり、この外壁・屋根・サイディングのリフォーム優良塗装会社紹介サービス「プロヌリ」サイトの評価される理由などを紹介していきます。また、具体的にこのサイトを活用された方々の口コミの内容についても紹介していきます。さらに、屋根、外壁塗装に必要な情報も調査するとともにわかりやすく提供していきます。